Smart Custom Fields(SCF)でカスタムフィールドを出力する

  • 記事のタイトルとURLをコピー

WordPressのプラグインSmart Custom Fieldsで作成したカスタムフィールドを出力します。
カスタムフィールドの種類にあわせた、よく使うコードをサンプルコードとして紹介します。

スポンサーリンク

Smart Custom Fieldsとは

WordPressのプラグインで、カスタムフィールドを簡単に作成することのできるプラグインです。
Advanced Custom Fieldでは有料オプションである繰り返しが標準で使うことができます。

カスタムフィールドの作り方については、別記事としてまとめていますので、そちらをご確認ください。
Smart Custom Fields(SCF)でカスタムフィールドを作成する

カスタムフィールドを出力する

Smart Custom Fieldsの値を出力するためのサンプルコードを紹介します。
Smart Custom Fieldsでは簡単に値を取得するコードが用意されています。
カスタムフィールドの名前が「cf_sample」である場合、以下のコードで変数にカスタムフィールドの値を格納できます。

上記のコードはSmart Custom Fieldsでのみの書き方になりますので、他のカスタムフィールド系のプラグインでは使えません。
プラグインに左右されなように書くには、post_customや、get_post_metaを使ってください。

指定した投稿のカスタムフィールドを取得する

投稿IDを引数とすれば、好きな投稿のカスタムフィールドの値を取得できます。

テキストとして出力する

カスタムフィールドの名前は「cf_sample」とします。

テキストエリアなどの改行も反映させて出力する

テキストエリアのカスタムフィールドに入力された、改行を出力結果に反映させます。
カスタムフィールドの名前は「cf_sample」とします。

入力されたHTMLタグをテキストとして扱って出力する

テキストエリアにHTMLタグが入力された場合、HTMLをエスケープします。
カスタムフィールドの名前は「cf_sample」とします。

補足:エスケープとは…

「<」を「&lt;」、「&」を「&amp;」に書き換える処理のことを指します。この処理をすることで、文字列として扱われます。

チェックボックスの値を出力する

選択フィールド「チェックボックス」に設定された値を表示させます。
カスタムフィールドの名前は「cf_sample」とします。

画像を表示する

コンテンツフィールド「画像」に設定された画像を表示させます。
カスタムフィールドの名前は「cf_sample」とします。

下記コードのlargeの箇所が画像の大きさになります。

画像のURLを取得する

コンテンツフィールド「画像」に設定された画像のURLを取得し、表示させます。
カスタムフィールドの名前は「cf_sample」とします。

下記コードのlargeの箇所が画像の大きさになります。

ファイルのURLを取得する

コンテンツフィールド「ファイル」に設定されたファイルのURLを取得し、表示させます。
カスタムフィールドの名前は「cf_sample」とします。

関連する投稿のタイトル・URLを表示する

その他のフィールド「関連する投稿」に設定された記事のタイトルとURLを取得し、表示させます。
カスタムフィールドの名前は「cf_sample」とします。

上記コードのpost_titleを、他の値に変更すると本文や抜粋も取得できます。

post_author作成者 ID
post_date投稿日時 (YYYY-MM-DD HH:MM:SS)
post_date_gmtGMTでの投稿日時 (YYYY-MM-DD HH:MM:SS)
post_content本文
post_titleタイトル
post_excerpt抜粋
post_status公開ステータス
post_nameスラッグ
post_modified更新日時 (YYYY-MM-DD HH:MM:SS)
post_modified_gmtGMT での更新日時 (YYYY-MM-DD HH:MM:SS)
post_parent親 ID (固定ページや添付ファイルなどで使用)
post_type投稿タイプ

関連するタームの名前・スラッグ・URLを表示する

その他のフィールド「関連するターム」に設定されたタームの名前・スラッグ・URLを取得し、表示させます。
カスタムフィールドの名前は「cf_sample」とします。

繰り返しフィールドの値を表示する

カスタム投稿フィールドのグループ名を「cf_group」とし、グループ内のカスタムフィールドの名前を「cf_sample」、「cf_sample2」の2つとします。

オプションページに設定したカスタムフィールドを表示する

オプションページに設定したカスタムフィールドを表示します。
メニュースラッグは「theme-options」、カスタムフィールドの名前を「cf_sample」とします。

  • 記事のタイトルとURLをコピー